田中正恭の汽車旅日記

ここは、紀行作家・田中正恭 (たなかまさやす) が、つれづれなるままに各地の旅や、鉄道に関する話題について綴っており、原則として毎週日曜日に更新しています。時には鉄道以外の話題になることもありますが、よろしくお願い致します。内容につきましてのご感想や、執筆や講演などの依頼がありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。なお、写真や文章の無断転載はご遠慮願います。

大糸線、どん行会の旅

さて、大沢温泉で心地よい夜を過ごしたあとは、早速、どん行会の仲間と4人で朝から飲み鉄の旅の開始です。
IMG_8925.jpg
六日町から乗った「はくたか4号」から糸魚川で降りた時には、もう越後の酒,「八海山」と、地ビールの「エチゴビール」が空になっていました(笑)。


糸魚川からは、大糸線の気動車に乗り、美しい姫川の流れを眺めつつ、平岩で途中下車をしました。
IMG_8948.jpg
大糸線は、北陸本線の糸魚川と篠ノ井線の松本を結ぶ105.4キロのローカル線ですが、糸魚川~南小谷(みなみおたり)間の未電化区間がJR西日本、南小谷~松本間の電化区間がJR東日本と管轄が分かれています。
このうち、JR西日本区間は、姫川に沿った風光明媚な区間を走りますが、一日7~9往復の気動車がごくわずかの乗客を乗せて走るだけの閑散路線で、北陸新幹線開業後、廃止されるのではないかとの噂が耐えません。


これは、平岩~小滝間を行く糸魚川行の列車です。
IMG_8960.jpg
姫川温泉白馬館から撮影しました。


これは、立ち寄り湯をした白馬館の露天風呂です。いかにも昭和の雰囲気の残る鄙びた旅館でした。
IMG_8970.jpg
おどけているのは、「天才鉄道カメラマン」の山崎友也クンです。彼の作品は、数々の鉄道雑誌や写真集でも発表されており、しばしばテレビにも登場するので、ご存知の方も多いことでしょう。彼のブログは、私のブログの左側からリンクを貼ってありますので、よかったらそちらもご覧ください。


幸運なことに、平岩駅前には酒屋さんがあったため、湯上りに越後の酒「謙信」を飲みました。
IMG_8978.jpg


これは、平岩から乗った南小谷行です。
IMG_8991.jpg


これは南小谷駅です。また、天才カメラマン氏と、クラッセ編集長のトミタン氏が酔っぱらっておどけています。
クラッセさんは、私の著書の版元で、こちらのホームページもリンクしています。
IMG_9012.jpg
この駅で乗り換えて、JR東日本区間に入ります。



またまた、「白馬錦」という地酒を見つけたので、飲まないわけにはいきません(笑)。
IMG_9044.jpg

南小谷から松本までは「リゾートビューふるさと」というハイブリッド車の臨時快速列車に乗って快適な旅。
IMG_9054.jpg
これは、穂高駅に停車中の「リゾートビューふるさと」です。


そして、車内販売で、またまた「オバステ正宗」という純米酒を買ってしまいました。
IMG_9058.jpg
いったい、この日はどんだけお酒を飲んだのでしょうか。
でも、酔っぱらっていても、ちゃんとメモと写真はとっていたんですよ。

こうして、朝から晩まで飲み続けた「飲み鉄・乗り鉄」の一日が終わりました。
列車の旅は、クルマと違っていくらでもお酒が飲めるのがいいですね。
それにしても、どん行会のメンバーは呑兵衛ばかりです。





スポンサーサイト

テーマ:鉄道の旅 - ジャンル:旅行

  1. 2012/11/16(金) 21:45:02|
  2. 甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<新橋停車BARで土佐電鉄のサボに出会う | ホーム | 上越線・どん行会の旅>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/11/17(土) 14:38:09 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanakamasayasu.blog.fc2.com/tb.php/1034-402c3c7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)