田中正恭の汽車旅日記

ここは、紀行作家・田中正恭 (たなかまさやす) が、つれづれなるままに各地の旅や、鉄道に関する話題について綴っており、原則として毎週日曜日に更新しています。時には鉄道以外の話題になることもありますが、よろしくお願い致します。内容につきましてのご感想や、執筆や講演などの依頼がありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。なお、写真や文章の無断転載はご遠慮願います。

昭和中期の駅のスタンプ(本州東北部編)

きょうは、久々に昭和40年代前半以前の駅のスタンプシリーズ第2弾。東北地方から信越地方にかけての本州東北部編です。

まずは、五能線の鰺ヶ沢駅と北金ヶ沢駅です。
2五能線鯵ヶ沢2五能線北金ヶ沢
昭和40年代の五能線には、8620型蒸気機関車牽引の、茶色い旧型客車や貨物列車がのんびりと走っていました。


八戸線の本八戸駅と男鹿線の羽立駅です。
2八戸線本八戸2男鹿線羽立
八戸市の中心部にある本八戸駅は素朴な木造駅舎でしたが、今は高架駅になっています。一方の男鹿半島の寒風山の麓にある羽立駅は、無人駅になったものの、駅の佇まいは昔も今も変わりません。


これは山田線の茂市駅です。
2山田線茂市
山田線は、盛岡から、宮古を経て釜石までのローカル線ですが、盛岡から深い山の中を越えると茂市に着きます。
茂市からは岩泉線が分岐していますが、平成22年の集中豪雨で不通になったまま、今も不通になっています。残念ながら、そのまま廃止されることが決定してしまいました。


仙石線の本塩釜駅と、常磐線の平駅です。平駅は今ではいわき駅と改称されています。
2仙石線本塩釜2常磐線平
仙石線と常磐線は共に、先の東日本大震災の津波の影響で今も一部区間が不通になっています。


これは磐越東線の川前と水郡線の下小川です。
2磐越東線川前3水郡線下小川
川前は夏井川、下小川は久慈川に沿った風光明媚な所にあります。


これは信越本線の新津駅と柏崎駅。
4信越本線新津4信越本線柏崎
そして、同じく信越本線の柿崎駅と直江津駅です。
4信越本線柿崎4信越本線直江津
いずれも、なんとも、時代を感じさせてくれるデザインですね。









スポンサーサイト
  1. 2012/11/24(土) 19:19:31|
  2. 鉄道コレクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<しんばし「電車のりば~」 | ホーム | 新橋停車BARで土佐電鉄のサボに出会う>>

コメント

スタンプ

こんにちは。
はじめまして。
今見ると、素朴で、人の手で作られた感覚が滲み出るようなスタンプの数々、楽しく拝見しました。
当時はまだ今ほどには無人化も進んでいなかったと思いますし、より多くの駅でスタンプを押せたのではないでしょうか。
私も、旅先の駅でスタンプを見つけると必ず押したくなります。ささやかな旅の楽しみです。
今後とも、宜しくお願い致します。
  1. 2012/12/28(金) 12:46:40 |
  2. URL |
  3. 風旅記 #O7xVy9HA
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

風旅記さん
コメントありがとうございます。

柏崎駅前の「駅前喫茶」はまだ健在でしょうか?
中越地震のあと、復活sぢたことは聞いていたのですが。

よかったら相互リンクを貼っていいですか?

今後ともよろしくお願い致します。
  1. 2012/12/28(金) 15:48:47 |
  2. URL |
  3. まさやす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanakamasayasu.blog.fc2.com/tb.php/1036-2d0d958e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)