田中正恭の汽車旅日記

ここは、紀行作家・田中正恭 (たなかまさやす) が、つれづれなるままに各地の旅や、鉄道に関する話題について綴っており、原則として毎週日曜日に更新しています。時には鉄道以外の話題になることもありますが、よろしくお願い致します。内容につきましてのご感想や、執筆や講演などの依頼がありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。なお、写真や文章の無断転載はご遠慮願います。

山田線・区界駅

きょうは岩手県の山田線・区界(くざかい)駅をご紹介します。
この駅は、盛岡と宮古の間の山の中にある小さな駅です。

山田線は東北本線の盛岡から宮古を経て釜石までを結ぶローカル線ですが、太平洋岸を走る宮古~釜石間は、一昨年の大震災に伴う津波で壊滅的な被害を受けたため、復旧の見込がたっていませんが、区界駅のある盛岡~宮古間は幸いなことに震災発生から一か月後に運転を再開しました。
032区界
訪れたのは5月。峠にあるこの駅の周りには大きなフキノトウがたくさん生えていました。

この駅に停車する列車は上り4本、下り3本しかありません。
IMG_0677.jpg

しかも、一日の平均乗降客数はたった一人しかいないのだそうです。
IMG_0703.jpg
それなのに、ちゃんと駅員さんが勤務しています。山田線は自動化されていないため、運転安全上の理由で交換設備のあるこの駅は無人駅になっていないのです。

駅前には小さな駅前旅館が建っていました。
IMG_0676.jpg

駅は寂れていますが、駅前の国道には頻繁にクルマが行き来し、盛岡~宮古間を結ぶ急行バスが1時間おきにやって来ます。近くには道の駅があって、こちらはドライバーたちで賑わっていました。
残念ながら、ここでは、鉄道は、もはや忘れ去られた存在でしかないようです。

それでも、きょうも宮古行の列車がやってきました。
IMG_0701.jpg
この列車は、この駅で盛岡行と交換するのです。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2013/05/31(金) 19:16:27|
  2. 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<篠ノ井線・姨捨駅 | ホーム | 三江線宇都井駅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanakamasayasu.blog.fc2.com/tb.php/1083-56596261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)