田中正恭の汽車旅日記

ここは、紀行作家・田中正恭 (たなかまさやす) が、つれづれなるままに各地の旅や、鉄道に関する話題について綴っており、原則として毎週日曜日に更新しています。時には鉄道以外の話題になることもありますが、よろしくお願い致します。内容につきましてのご感想や、執筆や講演などの依頼がありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。なお、写真や文章の無断転載はご遠慮願います。

静岡鉄道の小さな旅

今週は静岡市内を走る全長わずか11キロのミニ私鉄、静岡鉄道をご紹介します。
静岡鉄道は、いずれもJRの駅に接続しない独立した路線を持っています。かつては、駿遠線、秋葉線と、静岡市内線、清水市内線という2つの路面電車路線もありましたが、いずれも廃線になってしまいました。
けれども、現在残る静岡清水線は、日中でも6分おきに電車が行き来し、地元の人たちの通勤通学の足として、大いに活躍しています。
IMG_3379.jpg
これは、新静岡駅到着直前の列車です。

新静岡駅は、大きな駅ビルの中にあり、二両編成の電車が次々と発着します。
IMG_3373.jpg

これは長沼駅に着いた新清水行の列車です。
IMG_3395.jpg
富士山の世界遺産登録を祝うヘッドマークが付けられていました。

長沼駅構内には車庫があり、いつも何両もの列車が並んでいます。
IMG_3384.jpg

この線を走る車両形式は1種類のみですが、様々な塗装が施されています。
IMG_3388.jpg
これは長沼付近のミュージカル「Cats]をPRする電車です。

こちらは、狐ヶ崎~桜橋間です。
IMG_3417.jpg
このあたりは、JR東海道本線と並行して走ります。

こちらは、入江岡~新清水間の巴川橋梁を渡る電車です。
IMG_3433.jpg
かつて、この川の河口付近には、最後は1日の列車本数がわずか1往復だった国鉄清水港線が走っていました。

これが、終着の新清水駅です。
IMG_3421.jpg
以前は清水市内にありましたが、平成の大合併により静岡市清水区となりました。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2013/09/22(日) 11:42:56|
  2. 東海
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<相次ぐJR北海道の不祥事に思う | ホーム | 木曾森林鉄道を訪ねて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanakamasayasu.blog.fc2.com/tb.php/1105-f15402c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/09/23 08:49)

静岡市清水区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2013/09/23(月) 08:50:01 |
  2. ケノーベル エージェント