田中正恭の汽車旅日記

ここは、紀行作家・田中正恭 (たなかまさやす) が、つれづれなるままに各地の旅や、鉄道に関する話題について綴っており、原則として毎週日曜日に更新しています。時には鉄道以外の話題になることもありますが、よろしくお願い致します。内容につきましてのご感想や、執筆や講演などの依頼がありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。なお、写真や文章の無断転載はご遠慮願います。

最後の急行列車「はまなす」

今週は、全国のJRで唯一の急行列車「はまなす」をご紹介します。

国鉄時代、日本中の数多くの路線に急行列車網が敷かれていました。航空機や高速バス、そしてマイカーも今ほど普及していなかったころ、庶民の最も身近な足として活躍したのが急行列車でした。昭和30年代までは特急は正に特別な急行列車で、運転本数も幹線のごく一部に数往復しかなく、急行列車は正に長距離列車の主力でした。

それが、ヨンサントウと呼ばれた昭和43年10月の国鉄ダイヤ大改正のころから、特急が大幅に増え始めました。
ヨンサントオ
その後、昭和末期までは幹線においては、特急と急行が同じ路線に並走する時代が長く続きました。

昭和40年代の懐かしい急行列車の一部をご紹介しましょう。
ながと
これは下関~新大阪を結んでいた急行「ながと」(摂津本山~住吉間)、

ちほく
こちらは帯広~北見を、廃止された池北線経由で走っていた急行「池北」(仙美里~足寄間)、

たてやま
そして、これは大阪~富山間の急行「立山」(大阪駅)です。

けれども、その後、各地で新幹線の開業などにより、長距離急行列車の多くは廃止、または特急に格上げされ、中距離の急行は逆に快速に格下げされるなどして、徐々に本数が削減されていきました。

そして、現在、札幌と青森を結ぶ急行「はまなす」は、日本中のJRで最後まで残っている唯一の急行列車なのです。
1札幌発車案内
上り「はまなす」の札幌駅の発車は22時ちょうどです。「はまなす」にはB寝台車2両、指定席車3両(うち1両はのびのびカーペットカー)、自由席車2両の、合計7両編成です。この夜の寝台車と指定席車はすべて完売でした。

発車を待つ「はまなす」です。
2DD51
札幌から函館まではブルーに塗装されたDD51が牽引します。

3寝台車エンブレム
1号車のB寝台車には、エンブレムが掲げられていました。

4指定席5のびのび="0" width="320" height="213" />
指定席はドリームカーと呼ばれるグリーン車仕様のリクライニングシートの座席車と、のびのびカーペットカーが連結されています。でも、車体がかなり老朽化しているのを隠せません。

これはカーペットカーの内部です。
6ノビノビ内部
一両しか連結されていませんが、急行券と指定席券だけで横になれるので、一番人気のある車両です。毛布や枕も用意されていて、頭の部分にカーテンで仕切りがあるので、ある程度のプライバシーは保てるようになっています。これなら間違いなく高速バスよりもラクなので、十分高速バスに対抗できると思うのですが、一両当たりの定員が25名と、一般座席車よりかなり少ないので、あまり収益につながらないかもしれません。

ドリームカーには、こんなミニロビーの設備もあります。
7ミニロビー

函館駅には2時52分に着きます。
8函館駅ホーム

30分間停車するので、外に出てみました。
9函館駅舎
深夜の函館駅前には誰もいませんでした。

函館からは向きを変え、ED76が青森まで牽引します。
10函館駅発車前

そして、青森には5時39分に到着します。
11青森到着
北海道新幹線が新函館北斗まで開業する平成28年3月には、廃止されるのではないかと言われています。
けれども、上下線とも常時、かなりの乗車率であり、せめて札幌~函館間だけでも存続してほしいと願っています。
スポンサーサイト
  1. 2014/09/28(日) 00:01:17|
  2. 国内広域の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【鉄なお店紹介①】大阪「駅」と京都「デゴイチ」 | ホーム | 今はなき長野電鉄河東線②/通称・木島線(信州中野~木島)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanakamasayasu.blog.fc2.com/tb.php/1170-d0ed1756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)