田中正恭の汽車旅日記

ここは、紀行作家・田中正恭 (たなかまさやす) が、つれづれなるままに各地の旅や、鉄道に関する話題について綴っており、原則として毎週日曜日に更新しています。時には鉄道以外の話題になることもありますが、よろしくお願い致します。内容につきましてのご感想や、執筆や講演などの依頼がありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。なお、写真や文章の無断転載はご遠慮願います。

湯野上温泉駅、今むかし

今週は、福島県の会津鉄道・湯野上温泉駅をご紹介します。
会津鉄道は、国鉄会津線を継承し、昭和62年7月に開業した第三セクター鉄道です。
桜の木に囲まれたこの駅は、毎年4月下旬になると見事な桜のトンネルにおおわれます。
①赤い列車と駅舎
赤い会津田島行の下り列車が停車しています。

これが、萱葺屋根の駅舎です。
②茅葺駅舎
三セク化の時に国鉄時代の木造駅舎から建て替えられました。

今度は白い列車です。
③白い列車と駅舎
ほとんどの列車はこの駅で交換するので、しばらく停車します。

会津若松行の上り列車がやってきました。
④赤い列車到着

そして、こちらは駅舎の反対側の斜面から眺めた湯野上温泉駅です。
⑤白い列車とホーム
なんとも美しい風景です。

この駅には足湯があります。
⑥足湯
列車を待つ間、誰でも無料で入ることができます。

地元の親子が楽しそうに歩いています。
⑦駅舎と親子
平和な風景ですね。

あたりは、正に満開でした。
⑧正に満開
⑨正に満開2
たとえようもない美しさです。

⑩線路とタンポポ
線路にはタンポポが花を咲かせていました。

赤い列車が発車して行きます。
⑪去りゆく赤い列車
この駅を去るのは名残惜しいですね。


さて、こちらは、昭和54年の同じ時期の国鉄湯野上駅です。
⑫S540429桜と列車
今も昔も変わらぬ美しさですね。国鉄時代のディーゼルカーが懐かしいです。

これは、昭和54年の、駅から6キロほど離れた旧会津街道の宿場町・大内宿です。
⑬S5404大内宿
大内宿は、今では団体バスやマイカーが頻繁に訪れる一大観光地となりましたが、この当時は連休中でもひっそりと静まり返っていました。この当時、大内には食堂が一軒もなく、雑貨屋さんでカップラーメンを買ってお湯をお願いすると、その家のおばさんが、「それなら、家にあがって一緒に食事をしましょう」と言われ、ごちそうになった思い出があります。観光客が大勢押し寄せる今では、そんなこともないでしょうね。

そして、こちらは昭和62年2月、民営化直前の国鉄湯野上駅です。
⑭S6202国鉄末期駅舎
湯野上駅は、4月に一旦、JR東日本の駅となり、7月の三セク化と同時に湯野上温泉駅と名称変更になりました。

昭和63年2月、三セク化後、最初の冬の湯野上温泉駅です。
⑮三セク初年度ホーム
この時、すでに萱葺屋根の駅舎に変わっていました。
⑯S6302三セク初年度列車
駅の雰囲気は今と変わっていません。

⑰国鉄時代切符国鉄末期の切符と現在の記念入場券です。
⑱記念入場券
会津の山奥をのどかに走る会津鉄道、いつまでも元気に走り続けてほしいですね。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道の旅 - ジャンル:旅行

  1. 2015/05/24(日) 00:02:21|
  2. 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<渡名喜島(沖縄県)の風景 | ホーム | 春の平安神宮>>

コメント

お久しぶりです。
湯野上温泉には私の常宿があって駅には何回か訪問しました。とは言うものの車でなんですけど…。
国鉄時代の写真の2両目は多分キハ17系で3両目は本当に懐かしいキハユニみたいですね。
残念ながら桜の季節に訪れたことはないのですが貴殿の写真を見て久しぶりに行ってみたくなりました。
毎回美しい懐かしい写真をありがとうございます。
  1. 2015/05/28(木) 01:22:05 |
  2. URL |
  3. 小山 #-
  4. [ 編集 ]

小山さん

こんにちは。
キハユニ、懐かしいですね。北海道だったか、どこかの博物館に残っていた気がします。
鉄道郵便がなくなってどれだけになるんでしょうか。

昔の湯野上は静かな駅だったのに、今はパックツアーが押し寄せる観光駅になっていました。
萱葺屋根の駅舎がなくても昔の方が落ち着いていてよかったけれど、線の存続のためには仕方がないと思います。






> > お久しぶりです。
> > 湯野上温泉には私の常宿があって駅には何回か訪問しました。とは言うものの車でなんですけど…。
> > 国鉄時代の写真の2両目は多分キハ17系で3両目は本当に懐かしいキハユニみたいですね。
> > 残念ながら桜の季節に訪れたことはないのですが貴殿の写真を見て久しぶりに行ってみたくなりました。
> > 毎回美しい懐かしい写真をありがとうございます。
  1. 2015/05/28(木) 16:34:14 |
  2. URL |
  3. 田中正恭 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanakamasayasu.blog.fc2.com/tb.php/1215-53c1ef09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)