田中正恭の汽車旅日記

ここは、紀行作家・田中正恭 (たなかまさやす) が、つれづれなるままに各地の旅や、鉄道に関する話題について綴っており、原則として毎週日曜日に更新しています。時には鉄道以外の話題になることもありますが、よろしくお願い致します。内容につきましてのご感想や、執筆や講演などの依頼がありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。なお、写真や文章の無断転載はご遠慮願います。

桜満開の船岡

今週は宮城県にある桜満開の東北本線船岡駅と、その周辺をご紹介しましょう。

これが船岡駅です。お城をイメージした駅舎があります。
①船岡駅 (550x367)
ここの駅名は船岡ですが、町名は柴田町で、このあたりは桜の名所として知られています。

駅から歩いて15分ほどの高台にある船岡公園は、好天に恵まれ、大勢の観桜客で賑わっていました。
②船岡城址公園 (550x367)
③八重桜 (330x220)④ソメイヨシノ (330x220)

さらに山の頂上まではスロープカーで登ることができます。
⑤スロープカー (550x367)
桜のトンネルの中を通り抜け、まるで、夢の国のようです。

頂上には観音様がいました。
⑥観音様 (387x580)

そして、この山の頂上からは、眼下に広がる白石川に沿って走る東北本線を眺めることができます。
⑦川沿い下り普通 (550x367)
川に沿って並ぶ桜並木が見事です。

貨物列車もやって来ました。
⑧貨物俯瞰 (550x367)
このあたりの東北本線に特急や急行列車が走ることはなくなりましたが、長距離貨物列車が次々とやってきます。

やがて、昔懐かしい客車列車がやって来ました。
⑨花見山号 (550x367)
ED75が旧型客車を牽引する「レトロふくしま花見山号」で、これは桜の季節に合わせて走る臨時列車なのです。

かつて、東北本線にはこのような客車列車が数多く走っていたものです。
⑩花美山+普通 (550x367)
ちょうど、上り電車とすれ違いました。

山を下りると、仙台行の下り電車がやってきました。
⑪下り普通 (550x367)

線路と川に沿って気持ちのいい歩道が続いています。
⑫千本桜歩道 (550x367)
この桜並木を一目千本桜といいます。

やがて、金太郎と呼ばれるEH500が牽引する長大な貨物列車がやってきました。
⑬金太郎 (550x367)
やはり東北本線は大幹線なのです。

船岡で呑んだお酒は、地元白石の酒「蔵王」でした。
⑭地酒蔵王 (490x327)

福島行の普通列車がやってきます。
⑮福島行到着 (550x367)
いい一日でした。



スポンサーサイト

テーマ:鉄道の旅 - ジャンル:旅行

  1. 2016/05/01(日) 00:01:38|
  2. 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『たのやく』5月号に記事を転載しました。 | ホーム | 春爛漫の市ヶ谷・飯田橋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanakamasayasu.blog.fc2.com/tb.php/1277-5aeacf98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)