田中正恭の汽車旅日記

ここは、紀行作家・田中正恭 (たなかまさやす) が、つれづれなるままに各地の旅や、鉄道に関する話題について綴っており、原則として毎週日曜日に更新しています。時には鉄道以外の話題になることもありますが、よろしくお願い致します。内容につきましてのご感想や、執筆や講演などの依頼がありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。なお、写真や文章の無断転載はご遠慮願います。

岳南電車の今

今週は、先週に引き続き、静岡県の岳南鉄道をご紹介します。

貨物輸送が主要な収入源だった岳南鉄道は、平成24年に貨物輸送から撤退を余儀なくされ、経営が悪化してしまいました。
そこで、翌平成25年4月から、不動産業や物品販売を営む「岳南鉄道」から鉄道部門を独立した子会社とし、新たに「岳南電車」として再出発を切りました。

吉原駅で発車を待つ岳南江尾行電車です。
⑰吉原駅ホーム (550x367)
11年前に訪れた時に乗った7000形電車は健在でしたが、その時、貨物列車が廃止された今は、隣のホームにいた電気機関車の姿はありません。

フリーきっぷを購入してあちこちの駅をまわることにしました。
⑱H29フリー券 (400x273)
フリーきっぷは大人700円ですが、吉原~岳南江尾間は片道360円なので、往復するだけでお得になります。

まずは、終点の岳南江尾に直行しました。
片道21分の小さな旅です。
⑲岳南江尾ホーム (550x357)
ホームには赤い7000形と緑の8000形電車が並びました。

ホーム側から見た岳南江尾駅です。
⑳岳南江尾駅 (550x367)
手前の空き地は、かつての貨物線の跡地でしょう。

こちらは富士山をバックに岳南富士岡~須津間を行く電車です。
㉑富士岡-須津1 (550x367)
富士山の手前に見える高架橋は第二東名高速道路です。

本当にすっきりと晴れたいいお天気でした。
㉒富士岡-須津2 (550x367)

踏切の向こうにも富士山が見えます。
㉓富士岡-須津3 (550x367)

こちらは、岳南富士岡駅構内にある車庫です。
㉔富士岡車庫 (550x351)
この日、非番の電車が休んでいました。

これは岳南富士岡駅です。
㉕岳南富士岡駅 (550x367)
前に来た時は有人駅でしたが、今は無人駅です。

岳南富士岡駅構内に、使われなくなった電気機関車が何機も並んでいました。 
㉖富士岡ELと富士山 (550x367)
茶色い塗装が徐々に薄くなってきています。
背後の美しい富士山との対比が、なんとも物悲しく感じます。

工場に囲まれた岳南原田駅に電車がやってきました。
㉗岳南原田工場と電車 (550x367)

この駅も以前は有人でしたが、今は無人駅です。
㉘岳南原田駅 (550x367)
駅舎の中は蕎麦屋さんになっていました。

富士山をバックに、夕暮れ近いジャトコ前~吉原間を走る吉原行電車です。
㉙ジャトコ前 (550x367)
ジャトコ前駅は昔は日産前という駅名でした。

夕方の比奈駅に戻りました。これは、以前来た時に、貨物列車がたくさんいたヤードの跡地です。
㉚線路のはがされた比奈 (550x367)
正に、この日に重機が入り、線路をはがした直後でした。
脇にはがしたばかりの錆びた線路と、枕木が積んであります。
更地に戻った地面には、まだ、枕木の跡が残っていました。

駅舎の事務室内は、鉄道模型店になっていました。
㉛-1模型屋 (550x367)
壁面にある賞状や、乗車券箱が、有人駅だった時のまま残されています。

やがて、日が暮れました。
㉛比奈夜 (550x367)
電車のライトが眩しく光っていました。












スポンサーサイト

テーマ:鉄道の旅 - ジャンル:旅行

  1. 2017/02/05(日) 00:01:24|
  2. 東海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<魚梁瀬森林鉄道 | ホーム | 岳南鉄道の昔>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanakamasayasu.blog.fc2.com/tb.php/1321-e844db0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)