FC2ブログ

田中正恭の汽車旅日記

ここは、紀行作家・田中正恭 (たなかまさやす) が、つれづれなるままに各地の旅や、鉄道に関する話題について綴っています。原則として毎週日曜日に更新しており、時には鉄道以外の話題になることもありますが、ご了承ください。また、2018年10月より「テツドラー田中の乗り鉄日記」としてYahoo!クリエーターズプログラムにもレギュラー投稿していますので、そちらもご覧頂ければ幸いです。なお、内容につきましてのご感想や、執筆や講演、出演などの依頼がありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。なお、写真や文章の無断転載はご遠慮願います。

伊豆箱根鉄道駿豆線と、晩秋の富士

今週は静岡県の伊豆半島内陸部を走る伊豆箱根鉄道駿豆線と、美しい晩秋の富士山をご紹介します。
駿豆線は、東海道新幹線・東海道本線の三島駅から修善寺までの19・8キロを結んでおり、地元の通勤通学の足として、また、修善寺温泉などへの行楽の足として活躍しています。
①三島駅
こちらが始発の三島駅です。

こちらは三島田町~三島二日町間を行く、東京発の直通特急「踊り子」です。
②185系踊り子
車両は国鉄時代から走り続けている185系ですが、あと数年後にこの形式は姿を消すことになっています。

こちらは三島二日町駅です。ホームからも純白の富士山を眺めることができます。
③三島二日町駅
このあたりまでは、三島市の住宅地が続いています。

④三島二日町~大場
三島二日町を過ぎると、田園地帯を走り、雄大な富士の山があちこちで見ることができました。
⑤三島二日町~大場

よく実った柿の木の脇を電車が走り過ぎていきます。
⑥三島二日町~大場

⑦三島二日町~大場
のどかな風景が続きます。
⑧三島二日町~大場

⑨三島二日町~大場

こちらが大場(だいば)駅です。
⑪大場駅

上下線の列車が、この駅ですれ違いました。
⑩大場駅交換


⑫韮山~伊豆長岡
韮山~伊豆長岡間を行く電車です。
⑬韮山~伊豆長岡
このあたりも、富士山がくっきりと見えていました。

こちらは世界遺産に認定された韮山の反射炉です。
⑭韮山反射炉
明治時代の産業革命遺産のひとつで、ここで大砲が製造されていました。

こちらは重要文化財の江川家の邸宅です。
⑮江川邸
ここは江戸時代の代官屋敷でした。

伊豆長岡駅です。
⑯伊豆長岡駅ホーム
この駅は長岡温泉の玄関口で、ちょうど東京行の特急列車が停車していました。
⑰伊豆長岡踊り子

終点の修善寺駅です。
⑱修善寺駅ホーム
この駅には、週末は4往復、休日は2往復の「踊り子」が乗り入れています。
⑲修善寺駅舎
駅舎はきれいにリニューアルされていました。

こちらが修禅寺です。駅や温泉の名前は修善寺(しゅぜんじ)ですが、お寺の名は修禅寺(しゅうぜんじ)といいます。
⑳修善寺
平安時代初期に弘法大師が開基した古刹です。紅葉が真っ盛りの晩秋の時期、大勢の参拝客で賑わっていました。

修善寺の温泉街です。
s-㉑温泉街
昔ながらの温泉地の風情が漂っていました。

帰りの列車での呑み鉄の酒は「富士に四季」。
s-㉒呑み鉄
三島に戻った時はすっかり暗くなっていました。
s-㉓夜の三島駅

さて、こちらは昭和56年に初めてこの線に乗った時の三島駅です。
s-㉔S56三島駅
37年過ぎても、この駅の雰囲気は変わっていませんでした。
s-㉕S56三島駅

そして、こちらは37年前の修善寺駅。
s-㉖S56修善寺駅

昭和の時代、切符は硬券が使われていました。
s-㉗きっぷ
きっと、この線は、いつまでも変わることなく、地域住民と観光客の足として走り続けることでしょう。


スポンサーサイト



テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2018/11/11(日) 00:00:29|
  2. 東海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<境線はゲゲゲの鬼太郎一色 | ホーム | Yahoo! 『テツドラー田中の乗り鉄日記』に投稿開始>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanakamasayasu.blog.fc2.com/tb.php/1423-20a19b62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)