FC2ブログ

田中正恭の汽車旅日記

ここは、紀行作家・田中正恭 (たなかまさやす) が、つれづれなるままに各地の旅や、鉄道に関する話題について綴っています。原則として毎週日曜日に更新しており、時には鉄道以外の話題になることもありますが、ご了承ください。また、2018年10月より「テツドラー田中の乗り鉄日記」としてYahoo!クリエーターズプログラムにもレギュラー投稿していますので、そちらもご覧頂ければ幸いです。なお、内容につきましてのご感想や、執筆や講演、出演などの依頼がありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。なお、写真や文章の無断転載はご遠慮願います。

境線はゲゲゲの鬼太郎一色

今週は鳥取県の米子~境港間17・9キロを結ぶJR境線をご紹介します。

境線の列車は米子駅の0番ホームから発着します。
①米子駅
この線は、終点の境港が、漫画家の故水木しげるさんの故郷であることにちなんで
全線にわたってゲゲゲの鬼太郎とその仲間たちが満載です。

米子駅のホームには、ねずみ男や妖怪たちが並んでいます。
②米子駅ホーム2
③米子駅ホーム3

境線の駅にはすべて妖怪の名前がつけられており、河崎口駅は「傘化け」、米子空港駅は「べとべとさん」
④傘化け河崎口⑤べとべとさん米子空港

中浜駅は「牛鬼」、上道駅は「一反木綿」といった感じです。
⑥牛鬼中浜⑦一反木綿上道

しばらく走ると右手の車窓に大山(だいせん)が見えてきました。
⑧大山

弓ヶ浜駅では「目玉おやじ号」との列車交換です。
⑨弓ヶ浜あずきあらい目玉おやじ号
境線は駅間距離が短く、まるで路線バスのように停車します。
観光客だけでなく、地元の通勤通学客や米子空港への客に利用されています。

これが米子空港駅です。
⑩米子空港駅
この駅はかつては大篠津駅と呼ばれていましたが、平成20年に米子空港側に線路を移設し、空港連絡駅として生まれ変わりました。

米子空港駅にやって来た「ねずみ男列車」です。
⑪大篠津~米子空港
この列車の天井には、ねずみ男の姿が描かれています。
⑫ねずみ男天井

小さな無人駅、中浜で降りてみました。
⑬中浜駅

駅の近くに日御碕神社というお社がありました。
⑭日御碕神社

中浜付近を行く上り列車です。
⑮中浜~空港

そして、こちらが終着駅の境港です。
⑯境港駅ホーム
停車しているのは「こなきじじい号」です。

⑰鬼太郎駅名標
そして、この駅のもう一つの名は「鬼太郎駅」でした。

これは境港駅の駅舎です。
⑱境港駅舎
灯台を表わしていますが、駅前は妖怪だらけでした。

そして、駅前のポストには鬼太郎が乗っています。
⑲駅前ポスト

駅のすぐ近くには千代結び酒造があります。
⑳千代結び酒造

主要銘柄の「千代結び」おほか、「鬼太郎純吟」というカップ酒もありました。
s-㉙呑み鉄


橋のたもとに、目玉おやじを手の上にのせた鬼太郎がいました。
s-㉑鬼太郎
駅から続く商店街は、鬼太郎ロードと名付けられ、たくさんの妖怪に出会うことができます。
s-㉑鬼太郎ロード
s-㉒妖怪2
s-㉓妖怪1

そして、ねずみ男がうろうろしながら愛嬌を振りまいています。
s-㉔ねずみ男

これが水木しげる記念館です。
s-㉕水木しげる記念館

ここには「お化けのポスト」がありました。
s-㉖お化けのポスト

境港駅は港にも近く、巡視船「おき」が停泊していました。
s-㉗巡視船おき

岸壁で釣をする人たちがいました。
s-㉘境港で釣する人
この港からは隠岐諸島への定期船が発着しています。










スポンサーサイト



テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2018/11/18(日) 00:12:17|
  2. 中国(山陰山陽)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<智頭急行の旅 | ホーム | 伊豆箱根鉄道駿豆線と、晩秋の富士>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanakamasayasu.blog.fc2.com/tb.php/1424-4c78b386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)