FC2ブログ

田中正恭の汽車旅日記

ここは、紀行作家・田中正恭 (たなかまさやす) が、つれづれなるままに各地の旅や、鉄道に関する話題について綴っています。原則として毎週日曜日に更新しており、時には鉄道以外の話題になることもありますが、ご了承ください。また、2018年10月より「テツドラー田中の乗り鉄日記」としてYahoo!クリエーターズプログラムにもレギュラー投稿していますので、そちらもご覧頂ければ幸いです。なお、内容につきましてのご感想や、執筆や講演、出演などの依頼がありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。なお、写真や文章の無断転載はご遠慮願います。

東海道本線・函南駅

今週は、東海道本線の山間にある函南(かんなみ)駅をご紹介しましょう。

冬の夕方に函南で途中下車をしました。
①下り列車ホーム
西日を浴びながら、313系の下り普通列車が入線してきました。

函南は新幹線の駅がある熱海と三島の中間にある駅です。
②駅名標

伊豆箱根鉄道の修善寺発、東京行の特急「踊り子」がやって来ました。
③185系踊り子
国鉄時代から走り続けているこの185系電車は、あと1年ほどで引退する見込みです。

駅舎は、国鉄の駅の佇まいが残っていますね。
④駅舎
これは国鉄時代の入場券です。
⑨入場券

駅を出ると、正面に「原生林といで湯の里」と書かれた歓迎の石碑が建っていました。
⑤原生林といで湯の里
駅から畑毛温泉へのバスが運行されています。

国鉄時代からの211系の浜松行です。
⑥浜松行

熱海方面からは丹那トンネルを抜けた普通電車がやって来ました。
⑦西日を浴びる普通
静岡エリアのJR東海の普通電車は大半がロングシートなので、長距離を旅するには向いていません。

新丹那トンネルを抜けて新幹線が猛烈なスピードで次々と走り抜けます。
⑧新幹線
函南町には「新幹線」という地名があるそうです。

新幹線が通過した後、あたりには、川のせせらぎが聞こえていました。
スポンサーサイト



テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2019/02/03(日) 00:03:41|
  2. 東海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<京阪京津線の昔 | ホーム | 南海本線蛸地蔵駅と岸和田の町>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanakamasayasu.blog.fc2.com/tb.php/1435-06618c3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)