FC2ブログ

田中正恭の汽車旅日記

ここは、紀行作家・田中正恭 (たなかまさやす) が、つれづれなるままに各地の旅や、鉄道に関する話題について綴っています。原則として毎週日曜日に更新しており、時には鉄道以外の話題になることもありますが、ご了承ください。また、2018年10月より「テツドラー田中の乗り鉄日記」としてYahoo!クリエーターズプログラムにもレギュラー投稿していますので、そちらもご覧頂ければ幸いです。なお、内容につきましてのご感想や、執筆や講演、出演などの依頼がありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。なお、写真や文章の無断転載はご遠慮願います。

京阪京津線の今

先週に引き続き、京阪京津線。今週は、現在の様子をご紹介します。

御陵から地上に上がった電車は、最初に京阪山科に停車します。
①山科駅ホーム
この駅ではJR東海道線と醍醐方面の地下鉄東西線に接続します。

四宮には車庫があります。
②四宮車庫
この先、すぐに京都府から滋賀県に入ります。

大谷で上下線の電車が出会いました。
③1大谷駅上下電車
このあたりは逢坂山の峠に近い山の中です。
③2大谷駅名標

逢坂山の関所跡の石碑が建っています。
④逢坂山関所跡

逢坂山を詠んだ蝉丸の歌碑がありました。
⑤蝉丸の歌碑
蝉丸は百人一首に名を連ねる平安時代の歌人です。

これは、旧東海道本線の逢坂山隧道の廃線跡です。
⑦逢坂山トンネル
左側の小さいトンネルは明治13年に単線で開業し、右側は複線化された明治31年の完成です。
このトンネルは日本人だけの技術で完成させた初めての鉄道トンネルです。

これは最初のトンネルの内部です。
⑧トンネル内部
大正11年に新トンネルが完成するまで、黎明期の汽車がこのトンネルを走り続けました。

逢坂山を越える京津線の電車は、今も急な坂を登ります。
⑥急な坂

61パーミルの急坂を、下り電車が登ってきました。
⑨61‰

やがて、大通りを渡る踏切を通過します。
⑩踏切を渡る

関蝉丸神社の鳥居の横を電車が通ります。
⑪鳥居前

これが関蝉丸神社の本殿です。
⑫関蝉丸神社
昨年秋の台風被害で、まだ、ブルーシートがかけられていました。

大正10年に完成した煉瓦造りの東海道本線の上を電車が走ります。
⑬国鉄トンネルの上を行く

そして、下をJRの貨物列車が通過していきました。
⑭貨物列車

こちらは上栄町駅に着いたびわこ湖浜大津行の電車です。
⑮上栄町駅

上栄町を出ると、併用軌道の上を走ります。
⑯路上を行く運転台

地下鉄に乗り入れる大きな電車が路上を走る姿は、堂々としています。
⑰路面を走る

大きくカーブして終点のびわこ湖浜大津に着きました。
⑱浜大津手前
この駅は石山寺や比叡山への石山坂本線への接続駅です。

琵琶湖観光船のりばの、大津港も駅の目の前にあります。
s-IMG_0688.jpg





スポンサーサイト



テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2019/02/17(日) 00:01:39|
  2. 近畿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<国府宮はだか祭り | ホーム | 『旅の手帖 3月号』に寄稿しました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanakamasayasu.blog.fc2.com/tb.php/1437-8cc45fc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)