FC2ブログ

田中正恭の汽車旅日記

ここは、紀行作家・田中正恭 (たなかまさやす) が、つれづれなるままに各地の旅や、鉄道に関する話題について綴っています。原則として毎週日曜日に更新しており、時には鉄道以外の話題になることもありますが、ご了承ください。また、2018年10月より「テツドラー田中の乗り鉄日記」としてYahoo!クリエーターズプログラムにもレギュラー投稿していますので、そちらもご覧頂ければ幸いです。なお、内容につきましてのご感想や、執筆や講演、出演などの依頼がありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。なお、写真や文章の無断転載はご遠慮願います。

氷見線を行く「べるもんた」の旅

「べるもんた」は富山県の氷見(ひみ)線と城端(じょうはな)線を走るジョイフルトレイン。
変な名前ですが、「Belles montagnes et mer」、
つまり、フランス語で「美しい山と海」の略なのだそうです。
この列車は土曜日は城端線、日曜日には氷見線を走っています。

氷見線の「べるもんた」に乗りました。
s-①新高岡発車前
この列車は北陸新幹線からの乗客を乗せるため、城端線の新高岡を始発とします。

新高岡駅には、大きな富山の寿司のモニュメントがありました。
s-②大きな寿司

「べるもんた」には海側に向かったカウンター席があります。
s-③海側の席

新高岡を出て、3分で高岡に着きます。これは城端線のホームです。
s-④城端線ホーム
このあと、あいの風とやま鉄道(旧北陸本線)の線路を跨いで、氷見線のホームに入線し、氷見へと向かいます。

車内はこんな感じです。
s-⑤満員の車内

車内サービスの「ほろ酔いセット」を注文しました。
s-⑥有磯曙
これは氷見の地酒「有磯曙」です。

続いて、越中五箇山の地酒「三笑楽」。
s-⑦三笑楽
高岡かr氷見までたった30分で着いてしまうので、急いで呑まなければなりません。

次の停車駅で、上り普通列車と交換です。
s-⑧伏木交換
国鉄時代と同じ、たらこ色の列車がやって来ました。

越中国分を過ぎると、やがて、列車は雨晴海岸の絶景を見ながら走ります。
s-⑨越中国分~雨晴

こちらは車窓から見える女岩です。
s-⑩女岩
冬の晴れた日には、ここから真っ白な立山連峰が見えるそうですが、私はまだ、見たことがありません。

これは、駅にあった写真です。
s-IMG_2384.jpg
このようにきれいに見える日に、いつか訪れてみたいものです。

これが雨晴駅です。
s-⑫雨晴駅

ホームからも海が見えます。
s-⑪雨晴駅名票 - コピー

終着駅の氷見に着きました。
s-⑬氷見到着
今はホームが1番線しかないこじんまりとした駅です。
s-⑭氷見駅
列車がいなくなるとひっそりとしています。

氷見は漫画家の藤子不二雄A先生の出身地。
街では、先生の作品の主人公たちに柄会うことができます。
s-⑮ハットリくん
お馴染みの忍者ハットリくんと怪物くん。
s-⑯怪物くん

笑うセールスマンの喪黒福造、
s-⑰喪黒福造

そして、プロゴルファー猿。
s-⑱プロゴルファー猿

光禅寺というお寺には主人公達が勢揃いです。
s-⑲光禅寺
なぜなら、このお寺は藤子不二雄A先生の実家だからです。

次回訪れた時には、じっくりと魚を味わいたいものです。
s-⑳魚の町氷見



スポンサーサイト



テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2019/06/30(日) 00:03:02|
  2. 北陸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東海道本線美濃赤坂支線・荒尾駅 | ホーム | よこすかYYのりものフェスタ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanakamasayasu.blog.fc2.com/tb.php/1458-bc7bb600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)