田中正恭の汽車旅日記

ここは、紀行作家・田中正恭 (たなかまさやす) が、つれづれなるままに各地の旅や、鉄道に関する話題について綴っており、原則として毎週日曜日に更新しています。時には鉄道以外の話題になることもありますが、よろしくお願い致します。内容につきましてのご感想や、執筆や講演などの依頼がありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。なお、写真や文章の無断転載はご遠慮願います。

SL人吉~九州新幹線~香椎線~門司港レトロ

  猛暑の九州、後半の旅です。
26日の朝は、くまがわ鉄道を訪ねます。これは、多良木付近の田圃の中をのどかに走る列車です。
 くまがわ鉄道多良木 


  「SL人吉」は。渡駅に近い球磨川第2橋梁でばっちり撮影できました。 

       肥薩線白石 
その後、熊本行きのSL列車に乗ったところ、指定された席でうら若きお嬢さんと相席になり、共に球磨焼酎を飲みながら、球磨川の絶景を楽しむという幸運に恵まれました。彼女は人吉に里帰りしていた大阪の歯学部の大学生で、来春卒業して歯医者さんになるとか。 この列車の旅は秋に発売されるMOOK『山河鉄道紀行』の記事として掲載されます。


八代で乗り換えて日奈久温泉のひらやという古い旅館でかけ流し温泉を堪能。
日奈久温泉ひらや日奈久ひらや夕食 


この温泉街には金波楼という文化財に指定されている名旅館もあるので、こちらでも立ち寄り湯に入ります。
日奈久金波楼 


そして27日は、八代で内田百閒翁の阿呆列車ゆかりの松濱軒という名園で、蚊に刺されながら鯉とたわむれます。
 松浜軒



その後、九州新幹線新八代~博多の新規開業区間を初乗り。「さくら」の普通車指定席がグリーン車並にゆったりしているのに驚きました。
さくら
 

 
博多に着いてから、香椎線で途中下車しながら、宇美と西戸崎を往復し、JR九州を完全走破。(もちろん国鉄時代は全部乗っています)これは、香椎~和白間の香椎線列車です。
香椎~和白 
  

 
 そして、今朝は、門司港のレトロ線と九州鉄道記念館を訪ね、今回の九州での予定はすべて無事終了しました。 
門司港駅 門司港鉄道記念館
門司港レトロ

毎日、好天に恵まれ、いい旅と取材ができました。でも、それにしても暑かったなあ。

スポンサーサイト
  1. 2011/08/28(日) 18:09:00|
  2. 九州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<台風…今度は紀勢本線の鉄橋流出 | ホーム | 人吉にいます。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanakamasayasu.blog.fc2.com/tb.php/166-f7ffd4e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)