田中正恭の汽車旅日記

ここは、紀行作家・田中正恭 (たなかまさやす) が、つれづれなるままに各地の旅や、鉄道に関する話題について綴っており、原則として毎週日曜日に更新しています。時には鉄道以外の話題になることもありますが、よろしくお願い致します。内容につきましてのご感想や、執筆や講演などの依頼がありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。なお、写真や文章の無断転載はご遠慮願います。

言葉を失う…陸前赤崎、大船渡、陸前高田、大谷海岸、鹿折唐桑、志津川、女川




なんと言葉に表していいかわかりません。早朝、水沢のホテルを出発し、大船渡~陸前高田~気仙沼~志津川~石巻~女川と、津波で壊滅的な被害を受けた各地を回りました。
大自然はなにゆえ、ここまで破壊の限りを尽くすのか…
胸が張り裂けそうな光景が次々と展開されていきます。
大船渡線・鹿折唐桑駅前まで流された大型漁船と、その前で咲く桜の花(3枚目の写真)、何もかも破壊の限りを尽くされた気仙沼線・志津川駅の惨状(2枚目の写真)、そして、高さ20メートル以上もある高台の墓地の上まで流された石巻線の列車(女川駅近く=1枚目の写真)と、とてもこの世の物とは思えない現実を目の当たりにすることになります。すべて、何度も訪れたローカル線ばかり。ただただ茫然自失の状態になるばかり。何度も手を合わせて合掌をした1日でした。
途中、石巻では津波で九死一生を得られた地元の方のご自宅にお邪魔し、生々しい当日のお話を聞かせて頂きました。
昨日からの通算走行距離は約660キロ。きょうも疲れました。
明日はいよいよ取材最終日。常磐線北部と阿武隈急行に行く予定です。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/06(金) 19:04:00|
  2. 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<この世と思えない…坂元駅、新地駅 | ホーム | 山田線沿岸部の惨状と北リアス線>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanakamasayasu.blog.fc2.com/tb.php/227-fd9f012c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)