田中正恭の汽車旅日記

ここは、紀行作家・田中正恭 (たなかまさやす) が、つれづれなるままに各地の旅や、鉄道に関する話題について綴っており、原則として毎週日曜日に更新しています。時には鉄道以外の話題になることもありますが、よろしくお願い致します。内容につきましてのご感想や、執筆や講演などの依頼がありましたら、お気軽にメッセージをお寄せください。なお、写真や文章の無断転載はご遠慮願います。

横手から盛岡~仙台~仙山線経由で左沢線の1日




雪のみちのく、最終日です。
まず、朝一番、夜明け前にホテルの露天風呂に入ります。
フォト

そして25年ぶりという豪雪の横手から、
フォト
当初予定では9:26発の新庄行きで山形を目指すはずでした。
ところが、横手駅に電話したところ、山形にまともに着く保証はできないとのこと!
そこで、急遽、7:54発の下り列車で大曲に行き、秋田新幹線こまち号で仙台へ。
フォト
さらに仙台から仙山線経由という大回りで山形に予定通りの時刻に到着。
左沢(あてらざわ)線のロングシート車内で山形の駅弁を食べたあと、終点左沢で、4ヶ月前の北海道旅行の際に、宗谷本線車内で仲良くなった寒河江市民で鉄道ファンのSさんの出迎えを受けます。

そして、羽前長崎近くの最上川橋梁をはじめ、地元民しか知らない数え切れないほどの左沢線撮影ポイントにマイカーで連れて行って頂き、
フォト
雪原を走る列車を心ゆくまで撮影することができました。
(3枚目の写真は最上川鉄橋で列車にカメラを向ける私です=Sさん撮影)

今は山形からつばさ154号で、寒河江の地酒「大江錦」でいい気持ちになりながら、闇夜の雪深い板谷峠を越えているところです。(携帯電波が圏外でした!)
今回の旅もいい出会い、いい食べ物といいお酒、いい風景に出会い、いい旅ができたことに感謝!

これは米沢駅弁の「牛バラ肉焼き」です。
フォト

スポンサーサイト
  1. 2011/01/24(月) 17:56:00|
  2. 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<編集者の人たちと酔っぱらい(笑) | ホーム | 雪見酒列車と温泉と横手グルメの1日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanakamasayasu.blog.fc2.com/tb.php/278-8e73d92f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)